<< 古風 | main | タイミング >>
2018年05月05日

こどもの日に想う

爽快な夏の気が立ち始める候。
立夏の今日は、こどもの日です。
子として親と関わりながら、親として子と関われる立場を存分に味わえるのも、今だからこそ ♪
親との日々のやりとりから教訓を得て、今後の指針としています。
そのような中、稚気を脱した我が子との時間は、今の私には処方箋のようです。
感性が似通うこともそうですし、温かい思い遣りの心で接してくれることや、思いを言葉に表して伝えてくれることほど有り難いことはありません。
こどもの日は、真の大人として進境著しい娘と息子に感謝の日です。


昨日のこと。
近所の映画館では、上映ラストとなった『グレイテスト・ショーマン』 ♪
ようやく見に行くことができました。
ヒュー・ジャックマンが主演だということと、足繁く通った『ラ・ラ・ランド』と音楽チームが同じという作品だけに楽しみにしていましたが、まったくテイストの違うものでした。
過去の好む映画には、好きな人と一緒に見に行ったとか、その頃の思い出もセットになっているよね〜なんて娘と話しています。
好みとは、その時の繊細な心の機微が作り出すものなのかもしれません。


食べ物の好みも、人それぞれですね。
柔らかいフワフワのパンを好む人や、フランスパンを好む人。
今や、パンは一切食べない!という人もいます。
このたびは、雲雀丘花屋敷駅近くにある“ ブーランジェリー餡 ”さんへ行ってまいりました。



母は、私と違って毎朝パン食。
その母が好んでやまない“胡桃入りライ麦餡パン”を予約しておいて、焼きたてのホヤホヤを抱えて電車で帰ったわけですが、少し甘さも加わった芳しさが漂う車中。お好みではない人には申し訳ないかしらと心配になるほど、たいへん良い香りでした(^^)

帰宅後、さっそく私たちも ♪
かぐわしい誘惑に負けて、私たち好みのパンでランチです。



家庭菜園から収穫したアスパラガスと酢玉ねぎと桜えびをのっけたピザトーストに使用したのは、雑穀パン。油は使われていません。
胡桃のパンは、ヘーゼルナッツオイルやマカデミアナッツオイルが使われています。
(品質の良いパンであっても配慮は必要。ギーを塗ることで未消化物質をたまりにくくします。)
収穫したばかりのミントの葉を入れた紅茶。
自然農法の無農薬レモンが手に入るうちにしか出来ない「アボカド&レモンの醤油かけ」。これは、ビタミンCとビタミンEの抗酸化力最強コンビでオススメです(^^)


食後には、心身ともに喜びを隠せなくなるほどのフルーツ!



大切な方よりお贈り頂いた、熊本の晩柑です。
私の中では、大好物のデコポンと並ぶほど好みの柑橘類!
和製グレープフルーツを探していた頃以来のファンです。
大切にいただいています。


休日もあとわずか。
ひとり静かに過ごすのも気楽で大好きですが、「楽しい」「美味しい」「嬉しい」と感じる好みや、幸福感を覚える感性が同じ人と共有する時間からも、生きる喜びをいただいています。







コメント
コメントする








 
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Facebook
Twitter
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Recent Comment
ブログ内検索