<< 触れるもの | main | 安定感と緊張感 >>
2018年04月06日

腹をくくって...

一昨日より日曜日のクラスまで、迷いに迷ったあげく、休講とさせていただいております。
いつもご受講くださっている皆様、そして、この春から新たにご受講くださる方々、また関係者の方々には、多大な御迷惑と御心配をおかけして誠に申し訳なく思っております。
心よりお詫び申し上げます。
「体調不良」という理由でご連絡が入っているかと存じますが、見た目以外の身体と心は変わりなく元気です。
この状態を一言で表現するのは難しい状態でしたので、端的にしてお伝えした次第です。
とにかく、早く善くなることだけを考えてまいります。


人の身体は、本当に繊細だと感じ入ります。
特に、春は木々が芽吹き、陽気が増す時。
小宇宙である人も自然の一部。
気血が体表に集まり、細胞がどんどん活性します。
「花冷え」という季語があるように、気温差もあることから、陰陽バランスを崩しやすい時でもあります。
比較的、上半身に症状が出やすいといわれていますね。

で!私は両頬が真っ赤に腫れるなどのかゆみも伴う症状が現れました。
かなりショッキングな様相です。
スギ花粉症は克服したものの、ヒノキ花粉に反応しているのか...
しかし、くしゃみも鼻水もない...
両頬をメイクで隠すことはおろか、とても人前に出られる状態ではありません。
ほてったような頰を見ながら「あぁ...私の身体は、今回はここにサインを出したのね。」
そう冷静に受けとめました。

幸い、ごく近所にある皮膚科の先生が中医学認定医でもあり、食の重要性を提唱されている先生なので、飛び込みで受診したところ、驚くほど時間を割いてくださいました。
「食生活も問題なし。ただ、仕事が忙しすぎるところに、日常の大きな環境の変化。」
カルテには、大きく「ストレス+++」と記されていました。
そして、
「心は『まだまだ出来る!』と思っても、身体はそうではないことがある。自分も大病して気づいた。以前のように急患も受け付けず、診療時間の延長もやめた。責任感が強くて頑張ると、身体は悲鳴をあげるからね。ストレス過多の中での変わらないスケジュール。休養をとらないと、もっと影響を及ぼすから、休めるものなら休みなさい。メイクは全て、リップもやめて。ストレス過多の交感神経の高ぶりによる冷えのぼせが、一番薄くデリケートな頰の赤みと発疹に出た...」 ...このように、ご診断とアドバイスをいただきました。

ここ十年ほどストレスなんて感じたことがなかったけれど、実際にオーバーワークなのは確か。
ただし、仕事が道楽化している自分にとって、仕事上のストレスがないことだけは至極幸福であることを再認識しています。
きっと、女性として身体の変化も起きてきているかもなぁ、私もいっぱしの人間として生きているんだなぁと実感する今日この頃です。

頑張ろう!という意気込みだけでは駄目。
交感神経の高ぶりが続くと、身体に支障をきたしますから危ないところでした。
意欲ばかりが先立って、身体が追いつかず、気が昇り過ぎたかも...と、猛省です。
いつものごとく、こういう状況下においては、自分の身体で実践できるチャンス!
俯瞰して考えながら、大いに食材を駆使して改善の道へいざないたいところです。


もどかしいほど、やること山積の春は、肝の経絡に影響が出ているのだと自己分析しています。
身体の余分な熱を取り除いて、気の巡りをよくする食材...
お茶では、庭のミントを使ったミントティーや、こちらのように菊花とクコの実を合わせたものを摂っています。




また、家庭菜園のアスパラガスが1年目にして次々と現れるので(3年目からどんどん出て、10年近く楽しめるよ言われているお得な作物 ♪)、勢いあるアスパラガスの寒性を利用しました。



こちらは生でも十分美味しくいただけますが、勢いが強すぎることも考慮し、サッと茹でてから白胡麻と黒胡麻、炒り麻の実と天然塩のみで和えています。



穂先に多く含まれるアスパラガスの栄養によって解毒を促し、疲労を取り除きます。
身体の熱をとる白胡麻も、肝腎を補う黒胡麻も、美肌効果もある麻の実も大きな助っ人のようにはたらいてくれるはずです。

詳しくは、再開後の講座にて...


迷いを去り、道理を悟り、心構えを立て直し、今はこれしかできぬと観念して過ごしています。

勝手をいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。




コメント
お体の方がお辛いのではなく良かったですが、
顔の方に症状が現れているのはお辛いですね!
確かに、今年のヒノキはとても多いようで、
やはり先週くらいからすぎ花粉の時期より強い反応が出ています。

友麻さんは真面目で責任感が強くて、しかもアクティブでいらっしゃるので、
ストレス過多の上に体のお疲れも大きいのでしょうね!

私のような怠け者でも一昨年2月に帯状疱疹が・・
その頃、自分ではやりたいことをやっていて、
そんなにストレスと疲れがとは感じていなかったので、
発症してみてから “そうか~そんなにストレス過多だったのか~"
と、理解したほどでした・・

友麻さんもお好きな仕事をされていらして、
負のストレスではないとは言え、やはり責任感や奉仕のお気持ちが強いだけに
嬉しい方のストレス?でしょうか、そちらの方の大きなストレスにさらされていらっしゃると思います。
どうぞ無理をなさらないよう、ゆるりと休まれて、おからだお厭いください。

講座の方、遠方でなかなか受講させていただく機会がないのですが、
いつか伺いたいと思っております。
また、体のお話、食材のお話楽しみにしております。







  • 2018.04.06 Friday 22:02
杏さん、こんばんは☆
温かいコメントをお寄せくださいまして、心より感謝いたします!
スギ花粉に反応して大変だった頃は、身体は元気なのに声が出ないという状態でした。
いつの間にか克服できたと喜んでいましたが、ヒノキ花粉の影響もあるように思います。そこに黄砂とpm2.5…ですものね。

杏さんが怠け者?御言葉からは想像がつきませんが、実は、私かなりの無精者ですw。
だからこそ、しっかり努めないといけないのですが、無理が高じると逆にご迷惑をおかけすることになりました。
このたびの原因であるストレッサーは、今までのリズムに新しい生活様式が加わった変化によるものだと自覚があります。
慣れてしまえば大丈夫なのですが、何事も初めは大変ですね。
仰っていただいたように、ゆるりと休みながら過ごしてまいります。

いつの日か、杏さんとの御目文字叶うことを心待ちにしております ♪

  • ゆうま
  • 2018.04.06 Friday 22:48
ブログで、お身体とお心は変わらずお元気とのことで、いくらかホッと安心は致しましたが、お顔に症状が出ているのは、それはそれで大変お辛いですね。症状が、一時間でも早く少しでも軽くなられますことを、心よりお祈り申し上げております。「心はまだまだやれると思っても、からだはそうではない」とのお言葉、私も肝に銘じます。どうかくれぐれも、ゆっくりご静養くださいませ。そして、友麻先生の笑顔が大好きな私たちに、またステキな笑顔をお見せくださいませ。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
  • Rumiko
  • 2018.04.07 Saturday 15:55
友麻先生 おはようございます。
その後 頬の方は如何ですか〜?

「体調不良で詳しいことは分かりません。。。」とご連絡を頂いた時は大変心配しましたがブログを拝見して少しホッとしています。
でも お顔に症状が出るのはお辛いですよね(≧∀≦)

本当に私たちは自然の一部だと実感します。
春は何となくウキウキする反面 『春バテ』と言うように この気温差についていくのに身体が戸惑っているように感じます。

私も休息をとるのが苦手でついつい身体の声を無視して頑張ってしまうので皮膚科の先生のお言葉を肝に命じて 自分を大切にしようと思います^ ^

又 先生の素敵な笑顔を拝見するのを楽しみにしています。

お大事にして下さいね。
  • Atsumi
  • 2018.04.08 Sunday 06:51
Rumiko さん、こんにちは(^ ^)
この度の休講。勝手をいたしまして申し訳ございません。
おかげさまで、腫れが引いて赤みも少なくなり、家族が安堵する状態まで戻りました ♪
温かい御言葉、心より感謝いたします。

身体は繊細にできていますね。
常日頃それを念頭におきながら活動、提唱しておりますが、自分の受容力越えが覿面に表れたと解釈しております。
今回の経験も、私の引き出しとして、皆さまの健やかなる毎日のご参考にしていただけるよう活用してまいります ♪
こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • ゆうま
  • 2018.04.08 Sunday 12:18
Atsumi さん、こんにちは(^ ^)
休講の理由が長くなりますので一言で表して頂きましたが、そんなこんなで身体は元気です。
家族も驚く様相は回復に時間がかかることを判断し、思い切って休講期間を作らせていただきました。
常に身体の声に耳を傾けて用心していても、どうすることもできない時がありますね。
公私ともに自分の務めを全うしようとすると、結局は自分を傷めてしまうことを痛感しましたので、ちょっと自分本位に過ごしてまいります。笑

本当にありがとうございます(*^^*)
  • ゆうま
  • 2018.04.08 Sunday 12:48
コメントする








 
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Facebook
Twitter
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Recent Comment
ブログ内検索